高津区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(高津区)―

桐村 拡明 院長/桐村医院(武蔵新城駅・内科)の院長紹介ページ

桐村 拡明 院長

KIRIMURA HIROAKI

アットホームな「町のお医者さん」として
お1人お1人の健康を見守っていく

聖マリアンナ医科大学を卒業後、昭和大学の消化器科へ。父の医院を継承。

桐村 拡明 院長

桐村 拡明 院長

桐村医院

高津区/千年/武蔵新城駅

  • ●内科
  • ●消化器内科
  • ●小児科
  • ●訪問診療

父が診療する姿を見て育ち、自然な流れで医療の道へ

桐村 拡明 院長

1955年にこの地に開院した『桐村医院』は父の跡を継いだ私が2代目院長ということになります。
父の姿を見て育ちましたから、小さい頃から自然と医者になるものだと思っていたところがあります。ちょっとニュアンスは違うかもしれませんが、家業を継ぐという感覚だったのかもしれません。

聖マリアンナ医科大学を卒業し、昭和大学の消化器科に入局しました。専門を選択する上で、いずれ父の跡を受け継がなければならないということは前提にありました。
腹痛などの初期症状を診る場合、消化器科の出身であることはその助けとなりますし、また、消化器科には食道から胃、大腸、肝臓と一般の方が思い浮かぶ臓器がかなりの部分含まれるという面があります。比較的範囲が広いと言いますか、医療の窓口的な役割を担うということに魅力を感じたことがこの科を選択するに至った理由になります。

地域に根差した「町医者」として、医療の窓口を担う

桐村 拡明 院長

昔で言う『町医者』として、どんな症状であれ診なければなりません。それと同時に大きな病気を見逃さず、しかるべき処置を迅速におこなう役割が求められていると考えています。
開業医とは本来、大小さまざまな疾患を抱えておられる患者さんの“窓口”であるべきだと思っています。私自身が大学病院に勤めていましたから、大きな病院で診ることの出来る患者さんの数に限りがあることは身をもって知っています。
開業医の果たすべき役割はそこにあるんです。自分の扱える範囲の患者さんは自分が責任を持つ。紹介せざるを得ないと判断したなら速やかにしかるべき病院に紹介する。そうした振り分けを正確におこない、患者さんに信頼いただける“窓口”でありたいと考えています。

胃カメラや大腸カメラは消化器の専門分野となりますが、そうした検査で扱う機械に『町医者』と大病院で差があることは事実です。
しかし大事なのは設備云々ではなく、信頼に足る判断知識を備え、患者さんのために何が出来るかということを最優先して考えること。それこそが『町医者』のあるべき姿だと考えています。

将来の健康を見据えて、病気の早期発見・早期治療に努める

桐村 拡明 院長

ガン治療によく用いられる言葉ですが、早期発見、早期治療というのは、全ての病気の改善にも通じることです。
毎年健康診断を受けられる方も多いと思いますが、そこで出た異常値をそのままにしている方が少なからずいらっしゃる印象を持っています。様々な理由でその対処が後回しになることは理解出来ますが、それでもやはり、早めの対処こそが最善の道だと考えています。
糖尿病であれ高血圧であれ、完治となると難しい部分もありますが、早めの治療によってある程度のレベル、日常生活に支障のないレベルに抑えることは可能です。いまだけでなく、将来の健康を考えて是非とも早めの対処をしていただければと思っております。

私自身、東京の大学病院で勤務医をした後、2008年に神奈川県の高津区に開業しました。わずかに多摩川を越えただけなんですが、大学病院の患者さんに比べて、非常に悪い状態をそのままにしておられる患者さんが多いことに驚きました。他に病院がなかったわけでもないのにどうして?と。
もしかするとそれは、地域の差ではなく街の開業医と大学病院の違いなのかもしれません。大学病院の場合、積極的に治そうという方が通ってこられるという部分もありますからね。
残念なことでありますが、病院に対して負のイメージを持たれている方も少なからずいらっしゃるかと思います。それだけに足を運んでいただいた患者さんには丁寧な説明を心掛け、少しずつでも快方に向かうよう医者として為すべきことをやっていかねばと考えています。

小児医療や訪問診療を通して、地域医療に貢献する

この辺りは小児科の先生が少ないということもあり、以前に比べお子さんの患者さんが多いという印象があります。それと共に、高齢者の方が多くお住まいの地域ですので、在宅医療や往診にいっそう励んでいかなければならないと思っています。
現状ではお昼休みの限られた時間を往診に当てていますが、まだまだその必要がある方は多くいらっしゃるのではないかというのが実感するところです。
まず、こうしたサービスをご存知でない方が多くいらっしゃるのではないかと思うんです。在宅医療や往診治療の中身の充実に加え、その認知の方法も模索していく必要があると感じているところです。

これから受診される患者さんへ

当院の少し変わった特徴は、我が家の子供が院内を走り回っていることです(笑)。私自身、子供の頃はそうでした。
現在は住居と病院が別になっているのが一般的ですが、当院は昔ながらの家と病院が一緒になっている造りになっています。家の電話が鳴ったり、患者さんのお子さんと我が家の子供が一緒になって遊んだりと、お騒がせする面もありますが、そうした部分も含めたアットホームな環境も患者さんの安心感につながるのではないかと考えております。

「身体の調子がおかしい」「健康診断の結果が不安」という方は大丈夫と安易に自己判断せずに、お気軽に当院へご相談ください。皆様の健康の一助となれるよう、スタッフ一同誠心誠意取り組んでまいります。

※上記記事は2011年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

桐村 拡明 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味・特技:ゴルフ
  • 良く読む書物:新聞
  • 好きな映画:アマルフィ 女神の報酬
  • 好きな言葉・座右の銘:人間万事塞翁が馬
  • 好きな音楽・アーティスト: オールジャンル
  • 好きな場所・観光地:温泉

グラフで見る『桐村 拡明 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート