高津区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(高津区)―

嘉山 尚幸 院長/かやま眼科クリニック(梶が谷駅・眼科)の院長紹介ページ

嘉山 尚幸 院長

KAYAMA NAOYUKI

自分の家族を診るように患者さんに接し
みなさまの「眼」の健康を守っていく

聖マリアンナ医科大学を卒業後、眼科を専門に研鑽を積む。大学病院や関連病院でスキルを磨き、「梶が谷駅」そばに開業。

嘉山 尚幸 院長

嘉山 尚幸 院長

かやま眼科クリニック

高津区/末長/梶が谷駅

  • ●眼科
  • ●小児眼科

眼鏡屋さんだった祖父に倣って、「眼」のスペシャリストに

嘉山 尚幸 院長

祖父が眼鏡店を経営しており、子供の頃から「眼」に興味がありました。眼に関わる仕事はその頃から少しずつ意識していたのかもしれません。医師になろうと思った理由は「専門性の高い職業」という現実的なものでしたが、医学部入学後は自分のより関心が高い科に進もうと思い、眼科と外科医の2つが選択肢として残りました。結局眼科を選んだのは、眼が視覚をつかさどる重要な器官であることと、外科と内科の両方のアプローチから診療できることからです。

卒業後は大学院で緑内障の研究に携わりました。その後も臨床でより専門性を高めたかったため、母校である聖マリアンナ医科大学の横浜市西部病院、大学本院、川崎市立多摩病院で白内障手術、網膜硝子体手術を専攻してきました。

自分の家族を診るように、丁寧な説明を心がける

嘉山 尚幸 院長

専門用語の使用は避けて、わかりやすく状況をご説明することです。幸い学生時代にラグビー部で大声を張りつつプレイしておりましたので、声が大きく聞き取りやすいようです。高齢でお耳の遠い患者さんからもご好評いただいております(笑)。もうひとつは、自分の家族・身内を治療する気持ちで診療をすることです。

「眼」の健康を守るため、仕事中も適度に休息を

嘉山 尚幸 院長

近年は眼科の病気にも生活習慣が大きく関わっていることが知られるようになってきました。特にコンピュータ・タブレット・スマートフォンなどをお使いの方の中には、ドライアイや眼精疲労を訴える方が多いです。どうしても画面をじっと凝視することが習慣化しますから、瞬きをしなくなります。ドライアイはこうしたことが原因でも起こります。眼をも酷使することにもなりますので、まず45分間作業したら15分の休憩を取るよう心がけてください。

ドライアイとアレルギー性結膜炎の関連性についても、多く取り上げられるようになってきています。ドライアイを放置した結果、アレルギー性結膜炎が重症化するケースがあります。アレルギーを持っていなくても、ドライアイで眼のかゆみを訴える患者さんも少なくありません。症状を緩和させる方法はまず眼を休ませることですが、もうひとつの手段として有効なのは人工涙液を使うことです。この点眼薬は涙の代わりに眼を保湿してくれます。

また糖尿病罹病期間が長くなると、網膜症を併発することもわかってきています。網膜症はそのまま放置しますと、失明の恐れもある怖い病気です。糖尿病を持病としていらっしゃる患者さんで、「眼がかすむ」「見え方に問題がある」方は、どうぞ早めにご相談ください。

「眼」だけをみるのではなく、他の疾患との関連を考慮する

実は首から上の器官で異常がある場合、それが眼に波及するケースもあります。わたしが経験した症例に歯肉炎で治療していた患者さんで、細菌が血液中を廻り眼球に膿がたまったケースがあります。手術によって失明は回避できましたが、残念ながら視力低下の後遺症は残りました。そのほかにも、副鼻腔炎が眼に波及した症例を経験したこともあります。

反対に、眼の症状が他の器官に影響を及ぼす場合もあります。急性緑内障発作では眼痛に加えて頭痛を伴うケースもあります。頭痛で救急搬送され異常が見つからなかった患者さんが、併設の眼科を受診して緑内障が原因とわかったケースもありました。

これから受診される患者さんへ

診察で心がけていることは、「正確に・丁寧に・迅速に」です。
「正確に」「丁寧に」の2つを大原則に効率良く、「迅速に」診療できる様に意識しています。

近隣の皆様には、気軽に相談できる眼のかかりつけ医として認識していただければ幸いです。長年聖マリアンナ医科大学病院、ならびに川崎市立多摩病院に勤務してきたことから、近隣の総合病院や大学病院とは緊密な連携体制が整っています。高度な検査や治療を要する場合はもちろん、急を要する際もその症状に応じて適切な医療機関にご紹介致します。

また網膜硝子体手術でも多くの症例を経験しております。現在でも月2回の木曜日は多摩病院でわたし自身が手術を執刀致します。もちろん緊急度・専門性が高い症例は、連携する医療機関に依頼致します。

また内科の先生方とも提携をしており、万全の地域医療体制を作っていきたいと考えています。

※上記記事は2016年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

嘉山 尚幸 院長 MEMO

  • 出身地:横浜市
  • 趣味・特技:スポーツ全般、最近はゴルフやジムで汗を流しています。
  • 好きな本・愛読書:ミステリーなど
  • 好きな映画:「007」シリーズをはじめとするハリウッドアクションもの。
  • 好きな言葉・座右の銘:為せば成る
  • 好きなアーティスト:ブラックコンテンポラリー、ファンク
  • 好きな場所・観光地:ハワイ

グラフで見る『嘉山 尚幸 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声