高津区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(高津区)―

奥田 文俊 院長/溝の口おくだ歯科クリニック(溝の口駅・歯科)の院長紹介ページ

奥田 文俊 院長

FUMITOSHI OKUDA

診査・診断、徹底した治療説明を重視し、ご満足いただける歯科医療の提供を目指して

昭和大学歯学部歯学科卒業。神奈川歯科大学附属横浜クリニックに勤務(現・非常勤講師)。2018年6月に『溝の口おくだ歯科クリニック』を開設(東急田園都市線「溝の口駅」より徒歩5分、JR南武線「武蔵溝ノ口駅」からも徒歩5分)。

奥田 文俊 院長

奥田 文俊 院長

溝の口おくだ歯科クリニック

高津区/久本/溝の口駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科

高度歯科医療に携わってきた経験を生かして

奥田 文俊 院長

父は歯科医師でしたが、高校生くらいまではこの職業は目に入っていませんでした。というのも、私はずっとサッカーをやっていたものですから、何かスポーツ関連の仕事に就きたいと思っていたのです。その考えが少しずつ変わってきたのは、やはり、将来の仕事を具体的に考えるようになってからだったでしょうか。スポーツで人と関わる仕事がしたいという思いからスポーツドクターに憧れ、その流れから歯科医師という仕事が目に入るようになってきました。その意味では、身近に父がいた影響は確かでしょうね。
昭和大学歯学部卒業後は、神奈川歯科大学付属横浜クリニックに籍を置きました。横浜クリニックは大学病院ではありますが、クリニックと名が付いてるだけあって、専門科に細かく分かれているというより、一般歯科のくくりの中であらゆる治療をおこなっていました。私は歯周病の認定医でもあるのですが、クリニックの気風もあり、インプラントや義歯、マイクロスコープを用いた歯内療法まで、オールラウンドに診療をおこなってきました。当クリニックにおいても、マイクロスコープを近く導入する予定ですが、基礎から応用まで、幅広く学べたことは今の私の財産になっています。
開業場所を探すにあたって念頭にあったのは、横浜から出来るだけ近い場所で、ということでした。それまで長らく横浜に勤務していましたので、お付き合いのある患者さんが通いやすいようにということが1つ。また、私は現在も神奈川歯科大学の非常勤講師を務めており、より高度な専門性が求められる症例に関して、安全に治療を受けていただくために大学病院との連携は非常に重要になると考えてのことでした。

診査・診断、徹底した治療説明を重視

奥田 文俊 院長

クリニックでは、診査・診断、それにともなう説明を重視ししています。言いにくいことですけども、大学に紹介されていらした患者さんの中には、しっかりとした診査・診断がなされていないケースが多々見受けられました。また、こちらでレントゲンの初期段階における説明をしていても、「こんな話、聞いたことがない」と仰る方が非常に多いのです。
写真に写ったものを見て、「ここが虫歯です」と言うだけでは、本当の意味での診査・診断とは言えません。なぜその状況が起きてしまったのか。状況を改善するために何が必要で、どういった治療と予防をおこなうのが適切か。そこまでわかって初めて、本当の意味での診査・診断と言えるのです。
そして治療の説明は、患者さんが納得して治療に臨んでいただくために必要なことです。歯科医師に言われるがまま漫然と治療を受けているという方も多いかもしれませんが、それでは本当の信頼関係は生まれてきません。自分が何をされているかわからないという状態は非常に怖いことです。当クリニックでは患者さんが治療の意味を理解し、主体的に治療に臨んでいただけるよう、事細かな説明をおこなっていきます。
お口の状況は1人ひとりでまるで異なります。その1つひとつにこだわり、突き詰めていくのが私の診療スタイルなのです。

歯を出来るだけ守っていくために

奥田 文俊 院長

抜歯をしてインプラント治療をおこなうのは、あくまで最終手段です。ただ、その手段を持っているか否かで治療の内容は変わっていきますから、次善の手段を持った上で、いかに歯を残していけるかということが非常に大切になってきます。
歯を守っていくには、歯内療法であったり、外科的治療を含めた歯周病治療等、さまざまなものがあります。こちらでは一般的な方法の他にも、たとえば、歯茎を外科的に下げることで歯周に埋もれてしまっている歯を露出させる処置もおこないますし、矯正的な治療で歯を引っ張り上げるという方法も実施しています。そういったすべての手段を講じ、出来る限りご自分の歯で噛める状態を維持していきたいと考えています。
正直なところ、この分野の治療はレベルの差が著しいところです。幸いにも私は、この方面で確かな成果をあげている方々に出会い、研鑽を深めることが出来ました。現時点で私が最高と言うつもりはありませんし、上には上がいるということも充分に自覚していますが、目標が明確に存在するということをメリットと思い、今後も精進していきたいと考えています。

本当の予防歯科とは

昨今は予防歯科がトピックになっています。その風潮自体は良いことだと思いますけども、本当の意味での予防を実現するには、診断と治療のレベルが一定以上に到達している必要があります。
歯みがきを頑張りましょう、とはよく言われることですよね。それも予防の1つの方法ではありますけども、では、歯みがきさえ頑張っていたら虫歯にならないかといえば、それは違います。歯のすり減り具合、噛み合わせ、あごの動き、それにともなう筋肉の動き。そういった要素をすべて統合し、考えられるリスクを予見し、先回りして予防的な治療をほどこすのが、本当の意味での予防歯科です。
「歯みがきを頑張ってください」というのは簡単です。しかし、その前提として、予防に適した環境をどれだけ作ってあげられるかを歯科医師は問われているのであって、それこそが本来の仕事だと認識しています。

これから受診される患者さんへ

『溝の口おくだ歯科クリニック』では、キッズスペースがご用意してあります。キッズスペースはガラス越しに診療室とつながっていますので、お母さんも安心して治療を受けることが出来ます。清潔で快適な空間であることを心掛け、皆さんが安心して通える歯科医院にしていきたいですね。
いまだ歯医者さんというハードルは高いものがあるかもしれません。ですが、年に1回の健康診断と同じような感覚で、歯科での健診を日常のルーティンにしていただけたらと思います。また歯医者さん選びには苦労されているかと思いますが、1つの判断基準として、お口の中の話をどれだけ深く、時間を掛けて話してくれるか、とういことがポイントになるかと思います。そして信頼出来る先生と出会ったらば、どうぞ一緒に末永くお口の健康維持に取り組んでいただけたらと願います。

※上記記事は2018年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

奥田 文俊 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:サッカー&フットサル、お食事
  • よく手にとる本:歯科関連専門書籍
  • 好きなドラマ:『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』
  • 好きな言葉:「努力」
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:J-POP/GLAY、Mr.Children
  • 好きな場所・好きな観光地:北海道、福岡

グラフで見る『奥田 文俊 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート